この記事では

 

PE-BANKのマージン(手数料)がどれくらいかかるか知りたい
PE-BANKでマージン(手数料)を取るのはどうしてなの?
マージン(手数料)を公開している他のエージェントサービスには何がある?

 

といったことを考えている人にとって最適な内容となっています。

 

PE-BANK

 

いち早く結論を述べると、PE-BANKは、マージン(手数料)が8〜12%となっています。

 

 

PE-BANK

 

PE-BANKは、フリーランスエンジニアに向けた案件紹介のサービスです。

 

PE-BANK

 

そんなPE-BANKのマージン(手数料)はどれくらいなのでしょうか?

 

取り扱っている案件には、中間マージンとしてどれくらいの手数料がかかっているのかは理解してから利用したいですよね。

 

「実はすごくマージン(手数料)が抜けれていた!?」なんてことになるかもしれません。

 

きちんとマージンを把握してからサービスを利用するか検討したいものです。

 

そこで、マージン(手数料)はどれくらいなのか調べてみました。

 

PE-BANKのマージン(手数料)について

 

結論

PE-BANKのマージン(手数料)は8〜12%です。

 

Pe-BANKのマージン率は、段階的に下がる仕組みになっているので、利用するほどに手取りが増えていくところに特徴があります。

 

1年目は12%で、その後8%まで段階的に下がっていきます。

 

手数料の公開については義務付けなどはないため、非公開にしているフリーランスエージェントが多いのが現実です。

 

だから案件の報酬額は、PE-BANKへのマージン分が差し引かれ引かれている金額となっています。

 

差額であるマージン分がエージェントサービス側への収入になり、案件紹介の事業を展開できているわけですね。

 

PE-BANK

一般的にフリーランスエージェントの中間マージンは、10〜25%程度だと考えられます。

 

フリーランスエージェントの中には、手数料を公開しているサービスの平均のマージン(手数料)はだいたい8〜20%程度です。

 

そして、フリーランスエージェントの中には株式上場している会社もあります。

 

その場合、マージンは公開していないけど価証券報告書から受注単価を分析することで、だいたいの手数料の割合が推定できるケースもあります。

 

また、いろんなフリーランスエージェントサービスがお互いに競争し、フリーランスエンジニアの方も複数登録してサービスを比較する場合が多いので、手数料を取りすぎることが難しくなります。

 

そのようなわけで結果として、だいたい10〜30%の手数料の範囲に落ち着くことが多いようです。

 

上に挙げた要素を加味して推定すると、一般的な中間マージンは10〜25%の範囲だと推定されます。

 

一般的な10〜25%からすると、PE-BANKはマージン率をかなり低く抑えているサービスだといえそうですね。

 

PE-BANKのメリット・特徴

PE-BANKは、どのようなメリットや特徴があるサービスなのでしょうか?

 

PE-BANK

サービスの特徴をまとめてみると

 

対応地域は東京・横浜・札幌・仙台・名古屋・京都・大阪・岡山・広島・福岡

 

全国各地、5万件以上の案件の中から条件に合う案件を紹介

 

取引企業との契約内容をすべて公開

 

充実の福利厚生・健康サポート

 

情報処理技術者試験など一部試験は受講料は全額補助、さらに技術系セミナー受講料の補助あり。

 

といったところになります。

 

フリーランスエンジニアにとっては利用してみいたいサービスですね。

 

 

マージン(手数料)を公開しているエージェントサービス2選

 

フリーランスエンジニアにとって、手数料(中間マージン)は収入に直結すつ大切な指標の一つです。

 

大切な指標だからこそ、解決策として最初からマージン率が公開されてるエージェントを利用する方が圧倒的に使い勝手ばいいです。

 

マージン率が公開されていれば、マージン率を知るための無駄な駆け引きも必要なくなるので、安心して利用できるといったメリットもあります。

 

PE-BANKの他にもフリーランスエージェントの中には、マージン(手数料)を公開しているサービスも存在するのでここで紹介しておきます。

 

テクフリ(テックキャリアフリーランス)

PE-BANK

 

テクフリのマージン率は10%と圧倒的に低いです。

 

企業側から100万円報酬が出るとしたら、90万円の支払いになる計算ですね。

 

他のエージェントで20%のマージン率だった場合では、手取りが80万円になる計算なので10%のマージン率は利用する側にはありがたいです。

 

また、テクフリで取り扱っている案件の98%は「エンド直案件」なので、中に中間業者を挟まないため必然的に高額報酬が高い傾向があります。

 

そして、福利厚生もしっかりしているサービスで、フリーランス協会の「WELBOX」や福利厚生サービス「Benefit one」に無料加入できます。

 

コワーキングスペース優待サービスや賠償責任補償などが付いてきて、アミューズメント施設、飲食店の割引などもできるので普段の生活支出を減らせるメリットがあります。

 

マージン率が低く高額案件が多い、かつ福利厚生もしっかりしているので利用して損はないサービスです。

 

\テクフリ(テックキャリアフリーランス)を公式サイトで見る/

PE-BANK

 

Midworks(ミッドワークス)

PE-BANK

 

Midworks(ミッドワークス)のマージン率は、実質10%〜15%になります。

 

通常は一律20%のマージン率ですが、社会保険料の擬似労使折半やその他保障を組み合わせることで実質10%〜15%になることが多いようです。

 

マージン率自体はマージン率を公開しているサービスの中では高い部類に入りますが、保証はずば抜けて手厚くフリーランスエンジニアに正社員と同じような保障を提供してくれます。

 

  • 社会保険料を半額負担
  • キルアップのために使った書籍代、勉強代を月1万まで支給
  • 月の交通費を1万5千円まで支給
  • 会計ソフトも無料で利用可能

 

このような保証が付いてきます。

 

また、万一仕事が決まらなくても、非稼働期間にも給与保証制度(審査あり)で月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。

 

給与保証制度まである手厚すぎるサービスがあるので、フリーランスでありながら正社員のような安心感で働けるところが魅力です。

 

2016年からスタートした新しいエージェントサービスですが、保障の手厚さは業界最高レベルなのでもっと評価されてしかるべきサービスです。

 

\Midworks(ミッドワークス)を公式サイトで見る/

PE-BANK

 

 

PE-BANK

 

 

マージン(手数料)を公開しているフリーランス案件紹介サービスを紹介しました。 

 

案件を紹介してくれるエージェントサービスは、複数登録しておくと便利です。

 

複数のサービスを利用して比較してみることで、あなたが希望する条件の案件が見つかる可能性が高まりますよ。


 

また、紹介しているどのサービスも登録は無料なので、とりあえず登録してみてください。